共生型サービス

本日、居住支援法人の方々が来られた。
【介護】から【障害】に参入を考えながら居住支援を考えてるようだ。
すぐに出る言葉は
サービス付高齢者住宅と同じですね。
とほとんどの方々が言われる。
介護と障害は、身体的的な事と精神的な事は
同じ流域ではいないのに、同じと判断する。
それは、福祉の中で国の管轄の中で物事を考え
てるんだなといつも思う。
サービス型サービスは、この時世に合うかもしれないが、【同じ】だと言う方々が参入する怖さを
感じずにはいられない。
それは、時世では仕方ない。
でも、危うさが、障害のある方々に問題にならないように、、、私たちは、コツコツコツコツと障害分野でやりながらサービス型サービスの真髄を問い続けたいと思う本日でした。
サポート付きシェアハウスも、グループホームと
一緒ですと言う障害分野の方々も【同じ】という
言葉を使う。本当に支援と応援、協力の違いが
【同じ】で片付けてしまう危うさを感じる。
もの事は、【変化】してる事に気づく人がどのぐらいいるのだろうか。
気づきを、感じる一日であった。
ありがとございます。
感謝

次の記事

相談3件