医療保護

本日は、朝から市役所生活福祉課、保健所と電話連絡をして、ある方の件で、相談と方向性を検討
する。
エルシェアートは、市役所生活福祉課のソーシャルワーカーの意見、保健所の意見、私どもの意見を把握し、協議した結果を尊重して判断する。
それが、本当に妥当とわかっていても、今までは
じっくりと我慢して、待って待って、変化を齎せてきたのも事実である。
それが、安全圏で判断してしまうと今までのような変化も望めなくなる。
病院に行く説得は、私がした。
最後は暴れて警察に保護されるならそれをさせたくはない。最後は、魂に訴えかけた。
車で搬送するときの緊張感は、半端でない。
でも、何年か前を思い出すと生活福祉課と一緒の
車で一緒に同じ仕事をするとは思わなかったな。
でも搬送して『医療保護』入院になった。
リスクを最小限にする意味では、大きな判断だと
いえるが、心の対話から本当に始まる。

前の記事

一期一会

次の記事

会社案内